2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
店長紹介
 

トップ > グロッサー・ワイン

グロッサー・ワイン

  

グロッサー・ワインのオーナー、マティアス・クルント氏は2012年にソートブルゲンラントのワイナリーと最高の区画畑を買収し、醸造責任者のマルクス・バッフ氏と共に新しいワイナリーをスタートさせました。
彼らが大切にしている事は、アイセンベルクの特徴を活かしたワインを造り、世界中の方達に飲んでいただく事です。
アイセンベルクのスレート土壌を活かし、以前の所有者のボルドースタイルの濃いワイン造りを止め、アイセンベルクらしいエレガントでミネラリーなワインに合うように大樽を使用した醸造方法にかえるなど、テロワールを理解したワイン造りをしています。
グロッサー・ワインでは伝統と革新の融合の為にラベルのデザインやボトルのサイズが考えられており、全てのワインは1リットルのボトルで瓶詰めされています。
40年前のソートブルゲンラントではワインは1リットルで瓶詰めされていました。
グロッサー・ワインでは「オーストリアの伝統を守りたい。」、その一身で1リットル瓶を復活させましたが、それがオーストリアのワイン法であるDACの規定から外れてしまい、ラベルに「アイセンベルクDAC」と表記出来なくなってしまいました。
「仕方ありません。しかしオーストリアの伝統とワインのためなら、迷わず名よりも実を選びます。」と、1リットル瓶への思いをオーナーのマティアス・クルン氏は語ります。

全6件