2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
[OWNER]
 

トップ > シュロス・ゴベルスブルク

シュロス・ゴベルスブルク

  

シュロス・ゴベルスブルクは遅くとも1171年以来ワイン産地カンプタールでワインを生産している、現存するオーストリア最古のワイナリーのひとつです。
シュロス・ゴベルスブルクはウァインフィアテルを本拠地とするシトー派ツヴァッテル修道院の所有ですが、1994年以来、ワイナリー、ブドウ畑、果樹園、穀物畑、家畜等全ての所有権を現当主ミヒャエル・モースブルッガー氏が60年リースで借り受けて運営しています。
銘醸畑35haを所有し、グリューナー・フェルトリーナーとリースリングが主要葡萄品種です。

全2件