2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
店長紹介
 

トップ > ハイサン=ノイマン

ハイサン=ノイマン

  

ハイサン=ノイマンは、ビアパブを成功させたウィーン出身のシュテファン・ハイサンが2000年に店の従業員から譲り受けた小さな畑から興したワイナリーです。その後、ウィーン西駅などの設計で名高い建築家ハインツ・ノイマンとの共同経営としました。
2006年にビオディナミ農法に転向するとともに、ハイリゲンシュタットの一等地にある現ワイナリーを入手しました。ワイナリーにはホイリゲと呼ぶにはあまりにもモダンなレストランを併設し、カーレンベルクの葡萄畑の中にもホイリゲを所有しています。
ワインは全てビオディナミ農法にて生産しており、2004年の初ヴィンテージから10年を待たずにウィーンを代表するワイナリーに成長しました。現在、ヌスベルクの素晴らしい区画に18haの葡萄畑を所有しています。貝殻石灰土壌の「ヌスベルク」と単一畑「ウァイスライテン」から2種類のゲミシュター・サッツを造っています。
2014年春より2人の本業が忙しくなり、ワイン造りの相談をしていたヴィーニンガーにワイン生産を売却しましたがブランドは継続しています。

 
白ワイン(2)
     

全2件