2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[OWNER]
 

トップ > 生産地域別 > シュタイヤーマルク州 > ウェストシュタイヤーマルク > スパークリング > ラングマン・シルヒャー・セクト
Langmann Schilcher Sekt

ラングマン・シルヒャー・セクト
Langmann Schilcher Sekt

原産地:オーストリア

製造元 : ラングマン(Langmann)
希望小売価格 : 3,800
価格 : 3,636円(税込4,000円)
750ml コルク栓
数量    在庫あり
 

12本購入または商品の税込価格が27,500円以上の場合、あるいは送料込みのワインセットと同梱の場合送料は無料!!※北海道、沖縄、離島地域は送料半額とさせていただきます。

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー 店長の試飲メモ
スパークリング ロゼ 辛口

産地:ウェストシュタイヤーマルク(Weststeiermark)
品種:ブラウアー・ヴィルトバッハー(Blauer Wildbacher)100%

お勧め料理:
豚の角煮、野菜の濃い目の煮物、鰤の照焼、揚げ物

オーストリアの最南端、スロベニア国境と隣接するウェストシュタイヤーマルクは地中海性気候の影響もあり、温暖で湿度も高い地域です。
地域の名産はブラウアー・ヴィルトバッハーという黒葡萄から造られるロゼワイン「シルヒャー」です。
世界一酸度が高いロゼワインとも呼ばれており、日本の気候とも似た湿度の高いこの地域にぴったりのワインです。
そんなシルヒャーで最も名をはせている生産者の1人がラングマンです。
ラングマンは1700年代から続く伝統的なワイナリーで、代々、生産のほとんどがシルヒャーです。
現当主のシュテファン・ラングマンさんは、並々ならぬ郷土愛を持ち、シルヒャーを愛し、地元が誇るその素晴らしい味わいのロゼワインを世界に発信する代表的な生産者です。
真面目で情熱的な彼の造るシルヒャーは、酸度が高いだけでなく果実味豊富で土地由来のミネラルを存分に感じる非常にバランスの良いワインに仕上がっています。

色はロマンチックなストロベリーピンク、酸味がスッキリした飲み心地のワインです。