2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
[OWNER]
 

トップ > フントスドルファ

フントスドルファ

  

フントスドルファはミッテルブルゲンラントのネッケンマルクトにて14世紀から葡萄栽培を行っていました。1980年代より、現経営者アントン・フントスドルファ氏により家族経営でのワイナリーの構築が始まり、2001年に新しいワイナリーが建築され、独自のボトリングが行われるようになり、本格的なワイン生産がスタートしました。アントン氏が葡萄畑の運営とワイン醸造の責任者、妻のエリザベスは事務、二人の息子アントン・Jrとルーカスは葡萄栽培と醸造をフォローしています。
彼らのワイン造りで最も重要なことは、葡萄の性質と環境との確実な関係性です。気候と土壌からなるテロワールを意識し、洗練されたワイン造りを行っています。

 
赤ワイン(3)
     

全3件